同志社大学機械力学研究室(辻内・伊藤研究室)のホームページです。

〒610-0394 京田辺市多々羅都谷 1-3 有徳館東館4階
2014年度発表論文

2014年度発表論文

1 尾藤健介(東洋ゴム工業)・小泉孝之・辻内伸好・松原真己(豊橋技術科学大学)・平野裕也 タイヤ横方向振動特性の実験的解明 自動車技術会2014年春季大会学術講演会前刷集, No.63-14, pp.17-19 (2014)
2 松原真己(豊橋技術科学大学)・辻内伸好・小泉孝之・増田篤志・尾藤健介(東洋ゴム工業) Rayleighの方法によるタイヤ横曲げモードの振動解析 自動車技術会2014年春季大会学術講演会前刷集, No.63-14, pp.21-24 (2014)
3 辻内伸好 油圧ショベルの掘削作業における効率向上の検討 【招待講演】建機、農機、産業車両業界向け モデルベースデザインセミナー (2014)
4 辻内伸好・小泉孝之・岡田悠佑・児島諒 ロボット視用カメラ配置の多目的最適化と把持作業への適用 Proceedings 2014 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, Vol.14-2(1P1-T03.pdf), pp.1P1-T03(1)-1P1-T03(4) (2014)
5 辻内伸好・小泉孝之・小林真輝・久世大輔 空気圧アクチュエータを用いたロボットハンドの関節角度制御 Proceedings 2014 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, Vol.14-2(3P1-R01.pdf), pp.3P1-R01(1)-3P1-R01(4) (2014)
6 小泉孝之・辻内伸好・松原真己(豊橋技術科学大学) 乗用車用タイヤの振動解析-タイヤばね付きリングモデルによる古典力学解析- 第44回分散処理研究会 (2014)
7 辻内伸好・小泉孝之・原圭佑 振動入力に対する幼児頭蓋内の動的応答と損傷評価 日本機械学会論文集, Vol.80, No.814[DOI:10.1299/transjsme.2014bms0177], pp.1-14 (2014)
8 M.Matsubara, N.Tsujiuchi, T.Koizumi, and K.Bito(TOYO TIRE & RUBBER Co., LTD.) Sensitivity Analysis for Natural Frequency of Tire Lateral Bending Mode Proceedings of the 12th International Conference on Motion and Vibration Control, No.14-202(1B14.pdf), pp.1-9 (2014)
9 N.Tsujiuchi, K.Yaegashi, and T.Koizumi Gravitational Potential Considered Position and Attitude Control of a Grasped Object by Pneumatic Manipulator Proceedings of the 12th International Conference on Motion and Vibration Control, No.14-202(1D11.pdf), pp.1-8 (2014)
10 N.Tsujiuchi, T.Koizumi, and T.Yamamoto Technique for Discrimination between Seven Motions Using Real-Time EMG Signals Proceedings of the 12th International Conference on Motion and Vibration Control, No.14-202(2D11.pdf), pp.1-9 (2014)
11 N.Tsujiuchi, T.Koizumi, D.Kuse, and M.Sugiura(SQUSE) Grasping Strategy of Industrial Robot with Pneumatic Robot Arm Proceedings of the 12th International Conference on Motion and Vibration Control, No.14-202(2C32.pdf), pp.1-12 (2014)
12 N.Tsujiuchi, T.Koizumi, A.Yoshimura, and K.Tanaka Effectiveness of TPA based on change in mode shape Proceedings of the 12th International Conference on Motion and Vibration Control, No.14-202(3A12.pdf), pp.1-12 (2014)
13 辻内伸好 機械工学年鑑26.医工学テクノロジー26-1はじめに 日本機械学会誌, 117巻 1149号, p.579 (2014)
14 Y.Hayashi(Tokyo Metropolitan University), N.Tsujiuchi, T.Koizumi, and Y.Matsuda(Kawamura Gishi Co., LTD.) Comparative Verification into Gait Motion of Healthy Subjects and Trans-Femoral Amputee Based on Singular Value Decomposition 2014 5th IEEE RAS & EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob), pp.1022-1027 (2014)
15 松原真己(豊橋技術科学大学)・辻内伸好 タイヤばね付きリングモデルを用いたタイヤ横曲げモードの振動解析 日本機械学会Dynamics and Design Conference 2014講演論文集, No.14-17(306.pdf) (2014)
16 辻内伸好・伊藤彰人・中家祐二・片山直紀(SQUSE) スコットラッセル型5軸ロボットアームの振動特性評価および振動低減 日本機械学会Dynamics and Design Conference 2014講演論文集, No.14-17(360.pdf) (2014)
17 小泉孝之・辻内伸好・南燦峰・安田正志(摂南大学) リンクとクランク機構を用いた鉛直免震台に関する研究 日本機械学会Dynamics and Design Conference 2014講演論文集, No.14-17(441.pdf) (2014)
18 辻内伸好・伊藤彰人・中村匠汰・牧野裕太・松田靖史(川村義肢)・土屋陽太郎(テック技販)・林祐一郎(首都大学東京) ウェアラブルな計測装置とレッドミルを用いた大腿義足歩行解析 日本機械学会Dynamics and Design Conference 2014講演論文集, No.14-17(128.pdf) (2014)
19 辻内伸好・小泉孝之・吉冨真美 統計的エネルギー解析法を用いた結合部変更時における損失係数推定 日本機械学会Dynamics and Design Conference 2014講演論文集, No.14-17(662.pdf) (2014)
20 T.Yamamoto, N.Tsujiuchi, A.Ito, and T.Koizumi Motion Discrimination Technique by EMG Signals Using Hyper-Sphere Model 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society(00020557.pdf), pp.5-8 (2014)
21 Y.Makino, N.Tsujiuchi, A.Ito, T.Koizumi, S.Nakamura, Y.Matsuda(Kawamura Gishi Co., LTD.), Y.Tsuchiya(Tec Gihan Co., LTD.), and Y.Hayashi(Tokyo Metropolitan University) Quantitative Evaluation of Unrestrained Human Gait on Change in Walking Velocity 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society(07811445.pdf), pp.2521-2524 (2014)
22 K.Kitano, N.Tsujiuchi, A.Ito, D.Tokunaga(Kyoto Prefectural University of Medicine), T.Kubo(同左), and S.Nakamura(同左) Measurement of Rehabilitation in Thumb MP Joint Subluxation due to Rheumatoid Arthritis 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society(16740170.pdf), pp.5308-5311 (2014)
23 伊藤彰人 ヒステリシス特性を考慮した空気圧人工筋マニピュレータの制御 振動談話会第1回若手研究交流会 (2014)
24 大島裕子・松原真己(豊橋技術科学大学)・辻内伸好・小泉孝之 DAKOTAとJAGUARによる最適化 日本機械学会2014度年次大会講演論文集, No.14-1(J0100205.pdf) (2014)
25 北野敬祐・辻内伸好・伊藤彰人・徳永大作(京都府立医大)・久保俊一(同左)・中村悟(同左) 関節リウマチ母指MP関節亜脱臼のリハビリ動作計測 日本機械学会2014度年次大会講演論文集, No.14-1(J2410202.PDF) (2014)
26 M.Matsubara(Toyohashi University of Technology), N.Tsujiuchi, T.Koizumi, A.Ito, Y.Hirano, and S.Kawamura(Toyohashi University of Technology) Vibration behavior analysis of tire in operational condition by receptance method Proceedings of ISMA2014 International Conference on Noise and Vibration Engineering(isma2014_0100.pdf), pp.1755-1768 (2014)
27 辻内伸好・伊藤彰人・黒木勝也 幼児拘束装置におけるアクティブ制御による安全性向上の検証 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2014講演論文集(GS12-2.pdf), pp.GS12-2-1-GS12-2-2 (2014)
28 M.Akei(Yanmar Co.,Ltd.), T.Koizumi, N.Tsujiuchi, and T.Yamauchi Prediction of Vibration at Operator Position and Transfer Path Analysis using Engine Multi Body Dynamics model SAE 2014 Commercial Vehicle Engineering Congress[DOI:10.4271/2014-01-2316] (2014)
29 M.Akei(Yanmar Co.,Ltd.), T.Koizumi, N.Tsujiuchi, and T.Yamauchi Identification of Sound Source Model Using Inverse-Numerical Acoustic Analysis: Validation of Effectiveness and Applicability SAE 2014 Commercial Vehicle Engineering Congress[DOI:10.4271/2014-01-2318] (2014)
30 辻内伸好・伊藤彰人 総説・特集③:人間工学のための計測手法 第1部:動作計測(3)-力覚センサによる動作計測- 人間工学, Vol.50, No.5, pp.125-137 (2014)
31 辻内伸好 NHVの基礎技術 車両関連の振動・騒音解析技術 自動車技術会関西支部2014年度講習会前刷集, pp.1-14 (2014)
32 M.Akei(Yanmar Co.,Ltd.), T.Koizumi, N.Tsujiuchi, and T.Yamauchi Identification of Sound Source Model Using Inverse-Numerical Acoustic Analysis: Validation of Effectiveness and Applicability SAE International Journal of Commercial Vehicles, Vol.7, No.2[DOI:10.4271/2014-01-2318], pp.392-398 (2014)
33 K.Matsumoto, N.Tsujiuchi, T.Koizumi, A.Ito, M.Ueda(Sumitomo Rubber Industries Ltd.), and K.Okazaki(同左) Dynamic Analysis for Golf Swing Using of Mode Synthetics Method for Suggesting an Optimal Club Proceedings of the 2nd International Congress on Sport Sciences Research and Technology Support(icSPORTS_2014_20_CR.pdf), pp.27-33 (2014)
34 松本 賢太, 辻内 伸好, 小泉 孝之, 伊藤 彰人, 植田 勝彦(住友ゴム工業), and 岡崎 弘祐(同左) Dynamic Analysis for Golf Swing Using of Mode Synthetics Method for Suggesting an Optimal Club 2014 SCITEPRESS SCIENCE AND TECHNOLOGY PUBLICASIONS[DOI:10.5220/0005070700270033], pp.27-33 (2014)
35 A.Ito, N.Tsujiuchi, Y.Okada, and R.Kojima Multipurpose Optimization of Camera Position for Robot Vision by Considering Calibration Accuracy USB Proceedings IECON2014-40th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, No.CFP14IEC-USB(2822-df-000663.pdf), pp.2822-2827 (2014)
36 松本賢太・辻内伸好・小泉孝之・伊藤彰人・植田勝彦(住友ゴム工業)・岡崎弘祐(同左) ゴルファーの把持を考慮した有限要素モデルによるゴルフスイング挙動解析 日本機械学会シンポジウム:スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2014講演論文集, No.14-40(A-15.pdf), pp.1-10 (2014)
37 H.Bin Hela Ladin, N.Tsujiuchi, and T.Koizumi Loss Factors Estimation of Statistical Energy Analysis Using Power Injection Method 同志社大学理工学研究報告, 55巻 3号, pp.291-300 (2014)
38 辻内伸好 「ポスト処理の基礎および結果検証の基礎」 計算力学技術者2級認定試験対策講習会資料 (2014)
39 辻内伸好 ドラム式洗濯乾燥機の振動・騒音解析 Adams Technology & Solution Day 2014, pp.81-105 (2014)
40 松原真己(豊橋技術科学大学)・辻内伸好・伊藤彰人・増田篤志 2層対称積層ベルト構造を考慮したタイヤ接地時のモデル化と振動特性同定の精度検証 第6回自動車用途コンポジットシンポジウム資料 (2014)
41 辻内伸好 振動解析①,②,③ 京都工業会メカトロニクス講座資料 (2014)
42 松原真己(豊橋技術科学大学)・河村庄造(同左)・辻内伸好・伊藤彰人・長谷朝博(兵庫県立工業技術センター) バイオコンポジット制振鋼板関係の進捗報告 第6回先端複合研究センターコロキウム資料 (2014)
43 小泉孝之・吉村旭史 Body Induced Boom Noise Control by Hybrid Integrated Approach for a Passenger Car 日本機械学会A-TS10-07第44回モード解析研究会要約集(第44回モード解析研究会用_要約_吉村.pdf) (2014)
44 石塚駿太朗・大島裕子・青井伸也(京都大学)・舩戸徹郎(電気通信大学)・冨田望(京都大学)・辻内伸好・伊藤彰人・土屋和雄(京都大学) 歩行・走行の関節運動に内在する低次元構造の解析 第27回自律分散システム・シンポジウム予稿集(2C2-2.pdf), pp.235-240 (2015)
45 増田篤志・辻内伸好・伊藤彰人・松原真己(豊橋技術科学大学) 減衰特性を考慮した接地拘束時の複合構造タイヤの振動解析 第8回先端複合材料研究センターコロキウム資料 (2015)
46 清水康生・伊藤彰人・柗本悠貴・山本聡(エクセディ)・辻内伸好 FFおよびFR車両におけるアクセル操作による車両前後振動の解析 自動車技術会2014年度第31回卒業研究発表講演会講演概要集, pp.72-73 (2015)
47 吉岡建人・辻内伸好・伊藤彰人・黒木勝也 アクティブ制御を用いた幼児拘束装置の安全性向上 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.18-4 (2015)
48 白木雅・辻内伸好・伊藤彰人・山本哲史 筋電信号の時間変化を考慮した動作識別モデルの作成 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.15-16 (2015)
49 赤井柊吉・増田篤志・辻内伸好・伊藤彰人・尾藤健介(東洋ゴム工業) 実験によるタイヤパターンノイズの放射音解析 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.19-5 (2015)
50 菅森義人・伊藤彰人・辻内伸好・八重樫昂 オブジェクトレベル制御を用いた空気圧マニピュレータによる運動制御 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.20-6 (2015)
51 久保田大介・辻内伸好・伊藤彰人・山内貴之 逆音響解析における最適な観測点位置の選定方法 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.19-9 (2015)
52 清田大貴・辻内伸好・伊藤彰人・松本賢太・植田勝彦(住友ゴム工業)・岡崎弘祐(同左) 有限要素モデルを用いたゴルフクラブの挙動解析 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.19-21 (2015)
53 平野貴司・辻内伸好・伊藤彰人・蒋仲謀 位置制御と力制御を組み合わせた油圧ショベルの自動掘削 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.19-16 (2015)
54 薩摩啓太・伊藤彰人・辻内伸好・久世大輔 冗長マニピュレータによる物体把持への人工ポテンシャル法の適用 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.18-18 (2015)
55 川村龍亮・辻内伸好・伊藤彰人・小林真輝 油圧ショベルの操作環境を模擬した掘削シミュレーションモデルの構築 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.20-22 (2015)
56 大木淳嗣・辻内伸好・伊藤彰人・浅野真由・牧野裕太 ピッチ変化に伴うトレッドミル上運動の動力学特性解析 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, p.17-5 (2015)
57 角井康司・辻内伸好・伊藤彰人・市村まどか・堀井宏祐(山梨大学) 歩行者モデルを用いた避難シミュレーションの検証 日本機械学会関西支部第90期定時総会講演会講演論文集, No.154-1, p.270 (2015)
58 浅野真由・辻内伸好・伊藤彰人・大木淳嗣 トレッドミルによる運動訓練システムを用いた歩行・走行時の動力学特性解析 日本機械学会関西支部第90期定時総会講演会講演論文集, No.154-1, p.268 (2015)
59 辻内伸好・明井政博・伊藤彰人・山内貴之 逆音響解析によるエンジン音源モデルの構築と防音構造への適用 日本機械学会関西支部第90期定時総会講演会講演論文集, No.154-1, pp.38-41 (2015)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です